こんばん!ワン!
以前アップしたミニ冊子の
申し込み受付を
ついに始めました!
    
<お申込みフォーム>
https://goo.gl/forms/Mv8bzbIYs1A76YNz1
ーーーーーーーーーーーー
    
このフォームを
作るのも一からで
時間がかかり、
随分お待たせしました。
31942279_965187793646501_5712550513656987648_n
    
今回は部数が限られるため
直接保護活動を
されている方々や
動物関連の道に進みたい
という学生さんを対象に
無料配布しますので
ご了承くださいm(_ _)m
    
この冊子、ナンテコトナイ
手のひらサイズです。
写真とともに
数行の説明書きがあって
パラパラ読める1冊。
ページ数もそないにありません。
    
ほとんどは大きな施設の
「工夫」なので、
『うちじゃ真似できない』
『今は役に立たない』と
思われるかもしれません。
31953123_965187783646502_5394308697042190336_n
ーーーーーーーーーーーー
    
しかも冊子は
本にすると高くて
印刷できないので
しまうまプリントという
”子供の成長を1冊に〜!”
みたいなフォトブックを
利用しました。
(知らんがな)
    
ネットで拡散すれば無料なのに
なぜこれにしたか。
それはやっぱり、
情報が溢れてるネットで
サラッと見るのではなく、
手にとって、読んで、
周りの人と共有してほしい…
そんな思いが
こもってるからです。
ーーーーーーーーーーーー
    
そしてこのフォトブック、
そもそもなぜ作ったか。
    
それは、取材した私だけが
知っていてはもったいない!と
思ったからです。
    
かれこれ50ヶ所を取材して、
各現場で課題や工夫を
見てきました。
    
Aさんが困っていることは
Bさんが困っていることでもある。
そんな気づきもありました。
ーーーーーーーーーーーー
    
動物に対して出来ることも
その団体の予算や
人手など、資源により
全く違います。
    
でも遅かれ早かれ
似たような道を
通るものだと
考えています。
(日本が数年遅れで
イギリスにある
動物の法律を
作ろうとしている
かのように…)
ーーーーーーーーーーーー
    
ということで、
冊子を読んだ方が
「なんだ、これだけ?」とか
「海外はすごい、
日本じゃできない!」と
思うかもしれませんが
頭のどこかに
“あんな工夫もあった”と
置いていてもらえたら、
将来お役に立てる
かもしれません♪
ーーーーーーーーーーーー
    
もしお知り合いに
保護猫カフェや
団体をされている方が
いらっしゃれば、
ぜひシェアしてください♪
    
少しでも広まりますように!☆