みなさんこんばんは!
今日は自動更新タイマーを
セットしましたので、
私はいま夢の中でございます。
    
それもそのはず、
明日(今日?)の
午前7時には新幹線で
神奈川へ出発です。
(きっかけは、先週
このニュースを見たから↓)
https://www.townnews.co.jp/0610/2018/04/20/428704.html
    
せっかく神奈川まで行くので
神奈川県動物愛護センターの前に
横浜市動物愛護センターにも
行ってきます!
    
取材・見学の様子は
また後日アップしますね!
ーーーーーーーーーーーー
    
そして先日、土曜講座で
立命館に行ったと書きましたが
実は今日も行ってきました。
30915395_959425200889427_1670340194_o
    
講義をされていた
「人もねこも一緒に支援プロジェクト」
の小池代表に、もっとも〜っと
お話を伺いたく…お忙しい中
お時間いただきました。
ーーーーーーーーーーーー
    
猫の多頭飼育現場などで
飼い主さんと猫の両方を
支える活動をされている小池代表。
    
今回お話を伺い
一番の収穫だったのは、
自分がやっている活動を
「客観視すること」の大切さと、
一つの現場にある
「様々な立場の意見」を
受け止めることの重要性を
改めて考えさせられた事でした。
ーーーーーーーーーーーー
    
例えば団体であれば、
運営者やスタッフがいて、
動物もいればボランティアさんや
一時預かりさん、里親さん、
施設の大家さん、近隣住民、
支援者などがいて・・・
    
例えば猫の多頭飼育崩壊現場なら、
行政や団体の職員、スタッフ、
その家庭のご家族、近隣住民、
大家さん、そして猫たち…
その他に、ケアマネージャーさんや
カウンセラーさんが
いらっしゃる事もあります。
ーーーーーーーーーーーー
    
現場の事実はたった一つですが、
それぞれの立場から見た「現場」は
人の数だけあるんですね。
    
その人たちが、皆の角度、
360度からどう見えているのか
想像して考える事は
とても難しい事です。
    
でももし、ぐるりと回って
他の人の立場から
どう見えているのか
その現状が何を意味しているのか
考える事ができれば、
より良い解決につながるはずです。
    
ーーーーーーーーーーーー
なんだかややこしく
まとまりのない話ですみません。
(いつもやん!って声が?w)
    
でも、小池代表の体験談や
反省点など、今まで私が
あまり関わらなかった
フィールドのお話を聞いて
改めて、他の意見を聞き
考える事の大切さに
納得したというか。
    
立ち止まって考える時間を
いただいたような、
そんな貴重な機会でした。
ーーーーーーーーーーーー
    
さて最後まで頑張って
読んでくださった皆さんには
お礼に?キヤの写真を。笑
    
先日暑かったので
保冷剤を置いたら、
「これ何?危険なの安全なの何なの?」と
ずっと見つめていて…
30826125_959425284222752_1644547633_o
    
保冷剤が照れてんじゃないかと
思うぐらい、
ずーーーーーっと
見つめていて。笑
30825711_959425280889419_1876084214_o
    
30825196_959425310889416_492912406_o
とりあえず匂いを何度も
嗅いでましたとさ。笑
30946198_959425307556083_2037274682_o
めでたし、めでたし。笑