みなさんこんにちは!
先日お伝えしました
和歌山県動物愛護センターの続きです☆
P7080102
<センター受付>
    
前回書くのを忘れましたが
図書スペースにはパソコン以外に
「大きな絵本」もありました☆
大人でもテンションが上がる!
子どもはもっと楽しめそうですね(^-^)
P7080106
    
P7080108
    
そしてもちろん、図書ルームの
机や椅子は犬や猫の顔!
これも発見した時は楽しい!
P7080114
    
施設の至る所に仕掛けがあって
楽しいのですが、外に出る前に
壁のパズルを発見!
P7080118
    
そして外に出ると、こんなものが。
なになに?犬と一緒に見てみよう?
P7080125
P7080126
    
犬に見える色素で見えるのかな?
どれどれ・・・
P7080127
    
そしてその先にはこんな物も!
見にくいですが
猫の絵の左には180cmと書いてあり
「ジャンプしてみよう。
ねこは高く跳べるんだよ」とあります。
背くらべしながら見上げる
子ども達の姿が浮かびます。
P7080144
    
そしてここは、犬や猫だけじゃない。
施設の裏(外)には水槽の中に
金魚がいましたが、こちらには・・・
アヒルとカモ!
P7080130
    
P7080132
    
隣の舎にはブタとうさぎ!
P7080137
P7080138
    
進んで行くとヤギが4頭!
P7080142
    
にゃんともまあ!
こんな動物どこから来たんだろう?
    
そして施設から少し離れた所には
展望台がありました。
これもアスレチックで楽しい!
P7080148
登ると、こんな景色が。
P7080150
P7080153
    
山々に囲まれていて、素敵・・・
空気も綺麗で遊び場がたくさん!
P7080158
小人のお家もありました☆
P7080159
    
喉が渇いたら、遊び場のすぐ横に
自販機が4台。ちょっと丘を登ると
カフェテリアもありました!
これなら安心ですね(^-^)
    
和歌山県動物愛護センター、
いかがでしたか?
今回ご紹介した以外にも
センター内にはたくさんのポスターや
張り紙、勉強になる資料が
張り出されていました。
大人から子どもまで楽しく学べる施設と
呼べるのではないでしょうか。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    
さて、ここで現状もぶち込んで
行きたいと思います。
(あれ?いきなり口調が・・・)
    
環境省データによると、
2015年度に和歌山県で収容された
犬と猫は合計2,147匹。
その内1,947匹は殺処分されています。
(収容後の死亡数も含む)
これは殺処分率91%で高過ぎる数値です。
    
このセンターを訪ねた
子どもたちにとって
啓発の効果があったとしても、
成長し変化として見られるまでには
何年もかかります。
ここの施設の作りや取り組みは
(個人的に)評価されるべき
だと思いますが、今いる命を
ほとんど救えていないのは事実です。
    
頑張ろう和歌山、
そして和歌山県民のみなさん!