先日、東京の衆議院議員会館で行われた
動物愛護管理法改正に向けた院内交流会に
行って来ましたので、そのご報告です。
20227509_811551585676790_484277856_n
    
まず、この会は来年2018年に
動物愛護管理法が改正されることを受けて
その改正案に盛り込んでもらいたい事項や
それに関する現場の声、状況を調査委員や
教授、団体理事などが報告する場です。
20206156_811551592343456_650739231_n
    
会は15-18時を予定していましたが
19時まで延長。その4時間の間には
一人数分〜10分程度の短いスピーチや
スライドを使った説明がありました。
    
交流会の内容が書かれた分厚い資料は
¥1,000。受付した後に購入します。
20217401_811551589010123_1673240819_n
    
この会は松野頼久衆議院議員の
言葉に始まり、次にこの会の共催である
ANJと言う団体の理事鶴田真子美氏
(以前ブログでも取り上げた、
茨城県知事に立候補した方)の話
(熊本県の現状についての報告)
がありました。
(↓松野氏って誰だっけ?と思ったら↓)
http://www.asahi.com/articles/ASK3Z6H2VK3ZUTFK01R.html
    
その他には、私が崇拝しています(笑)
朝日新聞の太田匡彦記者、弁護士の
先生方、動物実験技術職員、帝京科学
大学教授、元行政職員の方などが
いらっしゃいました。
    
この交流会の内容にご興味があり
人生で4時間ほど空いている方々には
交流会の内容全てをご覧いただける
Youtubeのリンクをブログの最後に
貼り付けました☆(長いわ笑)
20196814_811551595676789_1767557304_n
    
リンク先に映像で残っているので
そこまで詳しく書きませんが、
興味深かったことを一つだけ。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この会が始まる直前、松野頼久
衆議院議員のスケジュール変更により
中盤で予定されていた松野氏の挨拶が
急遽、一番最初(鶴田真子美氏の前)に
なったわけです。
    
松野氏は挨拶の最後に、熊本県の現状や
行政についてお話しされました。
熊本県と言えば、「ゼロ! 熊本市動物
愛護センター10年の闘い」という本が
出版されるほど行政の職員が
殺処分ゼロを目指して頑張っている、、
という話のウラで、
2016年5月に起こった
地震災害の後には殺処分を続け
ボランティアの数も公表と違い、
現在はたった数人がたくさんの動物を
必死に世話していて、もう限界・・・
そんな話も有名かと思います。
    
話は戻って。
松野氏がそんな熊本県について
「行政もせっかく殺処分ゼロを目指して
ヨチヨチ歩きでも始めたのに、
その行政が民間団体に訴えられていると
聞きました。もしどなたかその民間団体を
ご存知でしたら、ぜひ訴えることを
やめるよう伝えて下さい。」
そんな話をされて、挨拶が終了しました。
    
そして次にスピーカーとして登場した
鶴田真子美氏のスピーチは、
「先ほど松野先生から、熊本の行政が
民間団体に訴えられているというお話が
ありましたが、私自身が訴えている
張本人でございます。」
というところから入ります。
    
なんとまあ!ドラマティーーーック!!
    
ちなみにそのやり取りは
以下リンクの9分目(松野氏の挨拶開始)
〜26分目(鶴田氏の挨拶開始)で
ご覧いただけますw
    
動物福祉において、「現場」というのは
泥だらけになって犬舎を掃除している
現場から、保護犬・猫を譲渡するため
里親希望者と面談する現場、
法改正に向けて議員と答弁したり
現場の状況を広めるため会議で報告し
他の方々の反応を肌で感じる現場。。
それら全てが「現場」だと思います。
20227240_811551599010122_1695836667_n
    
今回の「現場」では今までにない
経験をさせていただき、
資料も大変勉強になりました。
今回お声がけいただいたTHEペット塾の
Aさんには、本当に感謝しています。
この場を借りてお礼申し上げます。
    
↓噂のリンクはこちら。笑
https://www.youtube.com/watch?v=1_0we-NCLhc