先日、三重県動物愛護推進センターで
公益財団法人どうぶつ基金と三重県が
連携して取り組まれた、「TNR先行型
地域猫活動」の様子を取材しました。
25624642_888150658016882_946943315_o
ーーーーーーーーーーーーー
    
【あすまいるとは?】
三重県動物愛護推進センターは
「あすまいる」とも呼ばれ、
今年の5月、津市にオープンしました。
(↓暗いですが…センターの周りの風景)
25624580_888150748016873_1107211837_o
    
他府県センターの良い部分を
多く取り入れた事もあり
限られた面積の中で様々な工夫が
なされていました。(これは写真とともに
次回のブログでご紹介しますね!)
ーーーーーーーーーーーーー
    
そんなあすまいるで19、20日と
行われたのがTNR先行型地域猫活動。
飼い主のいない猫を対象とした
無料不妊手術です。
25624859_888150671350214_274546323_o
    
【公益財団法人どうぶつ基金とは?】
公益財団法人どうぶつ基金は
以下2つの事業を展開されています。
1.犬や猫の不妊手術奨励事業
2.動物愛護思想の普及啓発事業
    
①では全国約100件の動物病院と提携し、
平成28年度までに無料不妊手術した
猫の数は41,386匹に上りました。
(2016年度の活動報告書より)
    
三重県とは平成26年から連携して
無料手術を行い
あすまいるで手術した猫は
「累計666匹 + 12/19-20の頭数」
となりました。
ーーーーーーーーーーーーー
    
外で暮らす飼い主のいない猫たちは
寿命が数年と言われていますが、
それでもメス猫一匹が1年に
出産できる数を考えると…
手術の大切さは言うまでもありません。
    
【犬・猫の不妊手術について】
https://www.doubutukikin.or.jp/activity/campaign/trntrn
ーーーーーーーーーーーーー
    
でもなぜ手術が大切で、いま必要なのか。
環境省によると、平成28年度に
収容された猫の内、85%は所有者不明、
63%(45,827匹)は乳飲子でした。
(他の15%は、飼い主自らが
持ち込んだ元飼い猫です)
    
それらの中で殺処分されたのは
45,574匹。内29,654匹が幼齢でした。
h29_dog-cat_1
    
不妊去勢手術をすることは、
結果的に殺処分されたりする不幸な命を
減らすことに繋がるんですね。
ーーーーーーーーーーーーー
    
さてここからは、手術の行程を
写真でご紹介します。
    
手術は目標頭数が決められ、獣医師や
行政職員の連携で行われました。
    
<まずは猫に麻酔>
25625523_888150668016881_953456596_o
    
<麻酔が効いたら・・・>
25625381_888150721350209_680515279_o
    
<それぞれにタグをつけて・・・>
25593145_888150744683540_132763842_o
    
<さくら耳カットして>
25624464_888150694683545_551787578_o
    
<メスなら毛を刈りまして・・・>
25634910_888150661350215_1294354785_o
    
<ちょっと失礼して
排尿させまして・・・>
25625539_888150701350211_2000004839_o
    
<手術!>
25624552_888150718016876_1213089300_o
    
<そして点滴・・・>
26037126_890313514467263_393472502_o
ーーーーーーーーーーーーー
    
手術には、数台の”手作り手術台”が
使われていました↓(写真の左)
25625292_888150728016875_656598917_o
    
手作りでコストを抑え、その分
直接的に猫に関わる医療品を
質の良いものにするのだそうです。
ーーーーーーーーーーーーー
    
手術が終わった猫たちは、その後
捕獲された元の場所に返されます。
そして今まで生きた場所で
一代の命を全うすることでしょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ーーーーーーーーーーーーー
    
不妊去勢手術に関しては
様々な立場や意見があります。
    
しかし毎年健康な犬や猫が収容され
殺処分される現状がある以上、
まずは様々な課題やその解決法を
多くの方に知っていただくことが
大切なステップだと思います。
    
微力ではありますが、
このPawer.ブログを通して
一人でも多くの方に
(公財)どうぶつ基金の活動やTNR、
そしてその意味についても
知っていただければ幸いです。
    
ーーーーーーーーーーーーー
公益財団法人どうぶつ基金 
公式ホームページ:
https://www.doubutukikin.or.jp/