今日は前回の続き、
ネットを使って動物福祉団体や
その他NPOなどを支援する
方法をご紹介します☆
    
前回はGochisoやレターポット
について書きました。
これらとは仕組みがちょっと
違いますが、今日ご紹介するのは
フリマアプリのメルカリです。
Screen Shot 2018-01-24 at 11.32.21 AM
    
メルカリは個人同士がネット上で
商品を売買するシステムで、
お金を振り込んで
買うこともできるし
自分が出品した物の売り上げを
購入に使うこともできます。
ーーーーーーーーーーーーー
    
私は家にある使用しない物を
出品しては、その売り上げで
犬猫関連の本を買ったり
(Bookoffオフラインでも
かなり安くで中古が出ているので
安い方を買ってます☆)、
餌を定価より安くで買っています。
(”うちの子が食べない”、
“愛犬が亡くなった”、
“間違えて買った”など、様々な
理由で餌が出品されます)
Screen Shot 2018-01-24 at 11.41.45 AM
ーーーーーーーーーーーーー
    
私はこうやって購入した餌を
外国人の個人活動家の代わりに購入し
本人に届ける際に代金をいただきます。
    
彼女は日本語が読めず
メルカリが使えないし、
スーパーの安売り以下の金額で
餌が買えること、そして
大西デリバリーサービス(笑)も
あるので、とても助かるそうです☆ 
ーーーーーーーーーーーーー
    
私はメルカリのプロフィールに
支援活動について書いています。
それを読んだ出品者の方が
「お気持ちですが支援できれば」と
余分に餌を送って下さる
こともあります♪
(本来のメルカリの活用法からは
逸れていますが(^^; てへ)
ーーーーーーーーーーーーー
    
面識もない方のご好意が、
私を経由して活動家、
そして猫たちに届く。
    
一人ひとりが無理なく
できることをすれば、
結果的に命を繋げる
保護活動に繋がるんだ、と
実感しました。
ーーーーーーーーーーーーー
    
そんなこんなで、ネット支援の
方法は他にも「gooddo」や
「Readyfor」など、たくさんあります。
もしご紹介した中で
「これなら無理なくできそう」
「今はできないけど、初めて知った!」
という仕組みが一つでもあれば
嬉しいです(^-^)