夜行性の皆さん
こんばんは!
今日は動物福祉、
動物の権利、
動物愛護の違いについて
書こうと思います。
皆さんは違いを
スラッと言えますか〜?(^-^)
ーーーーーーーーーーーー
    
まず、基本的な考え方の違い。
(※ざっくりなので全ては
カバーしていません)
    
<動物福祉>は
実験動物やペットの飼育など
“動物の利用を前提”とし、
その中(飼育環境)で
情ではなく
科学的証拠に基づく
飼育動物への配慮や
接し方をすること。
411tbtszAAL._SX361_BO1,204,203,200_
    
<動物の権利>は
動物には苦痛を感じる
能力があることから
可能な限り自然のままに
生きる権利があり
人に危害を
加えられてはならない。
(人にその権利を
守る義務がある)
91XZqwJxXiL
    
<動物愛護>は
人が動物を愛し
守るものであり
人間と同じ命ある動物を
大切にしなければならない
(可能な限り命を
奪ってはならない)
51TvXcHZgvL._SX354_BO1,204,203,200_
ーーーーーーーーーーーー
    
基本的な思想を比べると
ずいぶん違いますよね。
    
アメリカやヨーロッパでは
動物福祉をAnimal Welfare、
動物の権利をAnimal Rights
と言いますが、
「動物愛護」という表現は
使用しません。
(該当する言葉がない…?!)
    
日本で広まっている
動物愛護は、人が主体であり
「かわいそう」など
人の感情が含まれます。
    
同じ状況でも
人によって感じ方が違う
=判断が異なる=曖昧!
    
日本人”らしい”表現です。
ーーーーーーーーーーーー
    
この話にはまだ
続きがあるのですが
そろそろ「なげーよ!」
という声が聞こえてきそう…
    
ということで、
明日はニュースをお休みして
ブログの続きを
アップしようと思います(^-^)
    
今宵もご愛読いただき
ありがとうございました!
    
スィーユー トゥモロー!