何度も書きますが、
Pawer.として政治に触れることはなく
犬や猫の現状は、宗教から出身国、
政党を越えてみんなで考えていくべき
問題だと思っています。
    
だからタイトルをもじって小池知事の口癖を
入れてみたり〜は、ただのお遊び。
この記事を取り上げることにも政党への
思いや政治的意味はありません。
    
ただ、事実としてアップされた記事は
載せますよ〜!
    
今日は、「東京都殺処分ゼロ達成」
という記事を取り上げています。
    
いつも言いますが
各都道府県で、「県」と「中核市」や
「指定都市」に分けてその地域の
犬や猫を管理しているところが多く、
それらの数はその県により様々。
    
神奈川県はわかりやすい例で、
「神奈川県」の管轄では殺処分ゼロを
3年連続で達成中ですが、神奈川県にある
横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、
藤沢市では未だ多くが殺処分されています。
これらの地域で収容される犬と猫は
「神奈川県」の収容数の二倍ほど。
(※神奈川県、頑張ってますので
他の市も他府県も真似して欲しいですね!)
    
これ↑で行くと東京都も「八王子市」と
分かれていますが、東京都の凄いところは
行政の東京都動物愛護相談センターと
50ほどの民間団体が提携して
命を繋いでいるところでしょうか。
    
提携団体が50というのは、
かなり多いと思います。
    
前置きが以下の記事より
長くなってしまいすみません。笑
    
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170531-OYT1T50018.html