近年、社会問題となっている犬や猫の殺処分。
その根元を解決するためには、
余剰動物が生まれる社会の仕組みや対策を理解し
犬と猫の収容数を減らすことが重要と考えます。
   
Pawer.では、犬や猫について幅広く啓発するため
幼稚園〜大学を対象とした教育プログラムを実施しています。

名称未設定

「いのちの教室」

「いのちの教室」では、対象年齢や人数に合わせて犬猫の生態や感情表現、正しい飼い方、現状、一人ひとりにできることなどを伝えています。それは、例えば「ペットショップで買わないで」といった特定の行動を一方的に伝える授業ではありません。子犬や子猫が繁殖場からペットショップに行き着くまでの厳しい現状や、購入する以外の選択肢=”里親になること”などを知ってもらうことで、それぞれが動物の命を尊重し行動するきっかけ作りを目指します。実際の授業の様子は、以下をご覧ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モデルケース1. 幼稚園/小学生

対象:園児、小学生 最大100名
時間:30分〜1時間
スタイル:授業(折り紙、画用紙ボード、スライド、ぬいぐるみ、絵本の読み聞かせ)
内容:動物の生態、命の大切さ、正しい飼い方
配布物:(園 児)折り紙、ステッカー
    (保護者)リーフレット、ニュースレター
    (小学生)資料、ワークシート、ポストカード
    (保護者)リーフレット、ニュースレター

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モデルケース2. 中学生/高校生

対象:中学生~高校生、最大300名
時間:1〜2時間
スタイル:授業/講義(スライド)
内容:国内外の犬猫の現状、命の大切さ、国内外の収容施設について、動物の生態、正しい飼い方、私たちにできること
配布物:資料、ワークシート、ポストカード

48378201_346720826124766_4293047269525028864_n

モデルケース3. 大学生

対象:中学生~高校生、最大300名
時間:1〜2時間
スタイル:授業/講義(スライド)
内容:国内外の犬猫の現状、動物の生態、国内外の収容施設について、正しい飼い方、私たちにできること
配布物:資料、ワークシート、ポストカード

過去の開催事例

これまでに、以下の教育機関にて開催させていただきました。ありがとうございました。
(コロナ禍に限らず、web授業やwebインタビューも可能です)
   
🌸陵ヶ岡こども園 様
🌸知真保育園 様(2回開催)
🌸京都外大西高等学校 様(スピーチ)
🌸京都芸術大学 様(2回開催 ※元「京都造形芸術大学」)
🌸甲南女子大学 様(2クラス)
🌸東山泉小中学校 様(家庭教育講座)
🌸京都インターナショナルスクール 様(ガールズスカウト)
🌸京都外国語大学 様(web授業)
   
【学生による個別インタビュー】
🌸龍谷大学 社会科研究学部
🌸鴎友学園女子中学校 3年生
🌸龍谷大学3回生
🌸京都外国語大学 4回生
🌸ノートルダム女学院高等学校 「All for わん」の皆さん
🌸つくばインターナショナルスクール 小学5年生